2005年07月04日

お中元

結婚したので「お中元」を贈らなければならない身になったようです。

独身の頃は親戚も大目に見てくれていたようですが、先日の電話で母から「結婚したら贈るのが常識!」と言われました。(世間一般の常識的には、そうなのか???)

私の方の親戚は多いので、全部に贈ったら大変な金額になるので、「どの辺まで贈る必要があるか」を聞いたところ、「伯父伯母・叔父叔母まで」とのことでした。

このことをダンナ様に聞いてみたところ、お義母さんは「あなた達は、まだ若いんだからお中元なんて贈らなくていいからその分ちゃんと貯金しなさい」と言われたとのことでした。

ダンナ様の方は、あまり密な親戚付き合いではないようなのですが、私の出身地は田舎ということもあり、かなり濃厚な親戚付き合いがあります。「結局、困った時に頼るのは親戚」という助け合い的な考えがあるのです。

両方の母の言うコトも良くわかるので、ダンナ様と話あった結果、ダンナ様の会社の上司と私の方の「伯父伯母・叔父叔母まで」は贈ることにしました。

後は、百貨店の「お中元」コーナーでそれぞれのご家庭に適した品物を選ぶだけなのですが、これがまた難しい作業になりそうです。(難しいですね…)
posted by アゲハ at 22:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。