2005年04月12日

「隣人13号」

先週の金曜日の会社帰りに彼と「隣人13号」を観てきました。
彼がとても見たがっていたので付き合ったのですが、映画を観る前は「ちょっと恐そうな映画だな〜」と思っていました。

彼は雑誌で「原作(漫画)を忠実に映画化…」というような記事を読んで観たくなったらしいです。原作の漫画はを読んでいて、「アレを忠実に映画化したら、どんな風になるのだろう…?」という興味から観てみたかったということでした。私は、好きな俳優さんの中村獅童さんが出演しているので「観てもいいかな?」と思い付き合いました。

ストーリーは、小学校の時のイジメが原因で二重人格になりイジメた相手に復讐しようとする…というような話です。(※詳細は公式サイトで、ご確認ください。)
主人公の村崎十三を演じているのが小栗旬さん、村崎十三の別人格13号を演じているのが中村獅童さんでした。異色の2人による二人一役は、なかなか興味深かったです。(でも、これって二人が主演になるのかな…などと素朴なコトを考えたりして)

原作では、かなり生々しい凄惨なシーンも多数あるようなのですが、映画ではそのヘンが抑えられていて、私でも観ることができました。(彼はかなり不満のようでしたが。原作が好きな人は満足できないかもしれません。)
でも、中村獅童さん演じる13号の発する雰囲気は独特のモノがあり、最後の方で復習相手の赤井トール(新井浩文)を小学校の理科室で追い詰めた時に、自分の足の甲に日本刀を突き刺してキレているシーンは、ゾッっとするような迫力がありました。

ラストシーンで急に小学生に戻って、十三がトールを花瓶で殴っていたシーンにオーバーラップして行きます。これは「大人になってからの復習じゃなくて、小学生のイジメられた時に勇気を出してやり返していれば違った人生になっていたはずだよ…」というようなメッセージだったと思います。
イジメられた復讐とはいえ何の関係もない人達を殺してしまうのは、やっぱり理不尽ですから、このメッセージ的なシーンがあったので、少し救われたような気がしました。
彼は、平川地一丁目の主題歌『はがれた夜』は、気に入ったと言っていました。


隣人13号

カチンコ 「隣人13号」
・公開年:2005年
・脚本:門 肇
・撮影監督:河津太郎
・原作:井上三太
・出演:中村獅童、小栗旬、新井浩文、吉村由美、石井智也、松本実、三池崇史etc
 (※順不同、敬称略)
posted by アゲハ at 14:50| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
映画すでに観たんですね、
おはやいです。

映像がどうなるのか気になるところですが
ある程度はおさえてあるみたいですね。
役者さんもキャラ立ちしているので
観るのが楽しみです。

トラバもさせていただきました!
よろしくです♪
Posted by melo at 2005年04月13日 02:48
わぉ映画、観に行ったんだぁ
ワクワク。
トラバさせてくださいね〜♪
Posted by そらいろ at 2005年04月13日 21:07
しまった・・申し訳ないです
PCの調子悪くて、TBがダブってしまいました・・
Posted by そらいろ at 2005年04月13日 21:09
コメント&TBありがとうございました。
ダブってしまった分は削除させていただきました。
また、遊びにきてくださいね〜!
Posted by アゲハ(管理人) at 2005年04月14日 11:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2918187

この記事へのトラックバック

平川地一丁目 はがれた夜
Excerpt: いよいよ公開された映画、原作井上三太、監督井上靖雄の隣人13号! この映画のエンディングテーマ曲となっているのがこの曲♪ 映画出演は中村獅童、小栗旬、Puffy吉村由美、新井浩文と個性ある面々。 ..
Weblog: ♪無料着メロ情報局♪
Tracked: 2005-04-13 02:47

13号。
Excerpt: ひゃお映画『隣人13号』は、すでに公開してたのかぁ原作は知らないんだけど映画『あずみ』で小栗 旬氏にキョーミもったのがきっかけ。小栗 旬検索してみて「隣人13号」サイトに出会ったんだよね。過激だ!!!..
Weblog: そらいろぺーじ
Tracked: 2005-04-13 21:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。