2006年06月17日

ル・クープシュー(LE COUPE CHOU)

お店の名前である「ル・クープシュー」は、「キャベツを切る」という意味のフランス語。
新宿で変わらぬ味を守り続けて30年(20年?)の正統派フレンチのお店。

会社帰りに同僚とゴハンを食べてきました。
落ち着いた年季を感じるアンティークな店内は、けっこう狭いです。
(19:00〜の予約を事前に入れておきました。予約は絶対に入れないとダメのようです!)

通されたのは入ってすぐのオープンキッチンが目の前のカウンター席で、シェフの動きが良く見える位置でした。
美味しそうな香りが漂ってきて自然と食欲が沸いてきましたが、目移りするメニューで悩んでしまいました。
結局、Aコース \4,725円(前菜1品・スープ・メイン1品・デザート&コーヒー)を選びました。
料理が運ばれてくる前に出てきたパンとバターが、とても美味しかったです。
特にバターは、バニラのような爽やかで甘い香りがして、まろやかでコクのある味でした。
060617_bread.jpg


◆私が選んだメニュー
前菜:クラブアンココット(タラバガニのグラタン)
060617_crab_g.jpg
タラバガニの美味しさがギュッと詰まった味!

スープ:ニンジンのポタージュー
060617_carrot.jpg
ニンジン独特の臭味がなく自然な甘味のあるスープ

メイン:子羊のロースト
060617_lamb.jpg
子羊の味を引き立てるソースが絶妙!付け合せの野菜がまた美味しい!

デザート:盛り合わせ
060617_dessert.jpg
デザートは別腹!見た目もキレイだが、どれも甘すぎずペロリと完食!

◆同僚が選んだメニュー
前菜:ウニのグラタン
060617_urchin_g.jpg

スープ:野菜のコンソメスープ
060617_soup.jpg

メイン:真鯛のポアブルベールソース
060617_bream.jpg

デザート:盛り合わせ
※私と同じです。

昔ながらの味を求めて通う常連客も多いようです。
ソースからじっくり作る手間暇かけた料理は、気取らずに楽しめました。

レストランル・クープシュー(LE COUPE CHOU)
LE_COUPE_CHOU.JPG
電話番号:03-3348-1610
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-15-7 ライフビル1F、B1F
アクセス:JR新宿駅西口歩4分。京王百貨店前の信号を渡り左手角右折、ヨドバシカメラOA館を左折し左手
最寄駅:新宿駅 西口 徒歩5分
営業時間:11:30〜15:00(LO.14:00)、日17:30〜23:00(LO.22:00)
定休日:月(第3月曜定休)
総席数:39席
posted by アゲハ at 00:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。