2006年06月13日

W杯初戦 日本VS豪州 1-3で逆転負け!

サッカー現地時間:2006年6月12日15:00開始
サッカー日本時間:2006年6月12日22:00開始

ドイツのカイザースラウテルンで日本にとって大事なワールドカップ(W杯)の初戦であるグループリーグF組の1次予選対オーストラリア戦が行われた。

日本は前半26分、ゴール右斜め横から中村がクロスを上げると、ゴール前で高原と柳沢がオーストラリアGKシュワルツァーと交錯し、ボールはそのままゴールへ、日本が1点を先制して前半を折り返した。

しかし後半39分、日本はゴール前の混戦からカーヒルにシュートを決められ、同点とされた。疲れからプレスがかからなくなった日本はその後、44分にまたもオーストラリアのカーヒルにゴールを奪われ、逆転を許す。日本はロスタイムに大黒を投入して巻き返しを図ったが、さらに試合終了間際の47分にアロイージにダメ押しとなる3点目を奪われ、日本はまさかの逆転負けで痛い黒星スタートとなった。自力でのグループリーグ突破は、早くも厳しくなった。

日本の敗因は、なんだったのだろうか?要因は一つではなかったように思う。挙げればキリがないように思えるが、大きく下記の2点があるように思えた。

@体力&スタミナ不足によるメンタル面の弱さ
かなり気温が高く暑かったようである。南半球だったオーストラリアは、つい最近まで夏であり、暑さに慣れていたというのもあるかもしれないが、日本選手は後半はバテバテだったように見えた。
この体力&スタミナ不足が、同点からわずか9分で3失点してしまうようなメンタル面の弱さに繋がったように思う。

A監督&チームの戦術不足
オーソトラリアのヒディンク監督の頭の中には緻密な戦術があったように思う。そのためにポイントとなる局面で、適確な選手交代ができ得点につながったのではないだろうか。
これに対して、ジーコ監督の采配には、迷いがあったように思う。1−0から守って勝つのか、さらに攻めて得点を狙っていくのか、どっち付かずだったため、選手交代のタイミングも遅くなり、選手もどう戦ったらいいのか分からない状態だったように見えた。

ただ、下記のようなニュースもあり、日本の1点は本当にラッキー☆だったのかもしれない。ただ、ニュースでも指摘されているが、日本の得点語の判定の公平性(ゴールは疑いようもないがファウルなどの判定)を欠いた可能性は絶対にないとは言えない。
---------------------------------------------------------------------
◆日本の得点場面、審判が誤審認める?(読売新聞- 6月13日11時32分更新)
豪州のGKシュウォーツァーは12日の日本戦後、この試合のエッサム・アブデルファタ主審が、日本の得点場面で誤審があったことを認めたと語った。

中村のクロスをGKと競り合った柳沢にファウルがあったというもので、ロイター電によると、「試合中に僕が主審に聞きに行ったら『自分の間違いだ。申し訳ない』と言われた」という。審判が試合中に自らの判定の誤りを認めて謝罪することは極めて異例の事態といえる。

エジプト人の同主審はさらに試合後、豪州のビドゥカ主将に対し「豪州が勝ってくれて、神様に感謝している」と話したという。これが事実なら、日本の得点後の判定の公平性にまで疑問を抱かせることになる。
---------------------------------------------------------------------

まあ、今更何を言っても初戦の結果は覆らない。
第2戦となる6月18日のニュルンベルクでのクロアチア戦は、もう後がないと思って全力で頑張ってもらいたい。そうでないと、悔しくて眠れないから…たらーっ(汗)
posted by アゲハ at 16:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19217300

この記事へのトラックバック

6.12コラム  日本サポーターの長い一日
Excerpt: ■オーストラリアサポーターの愛国精神のすごさ!  雲ひとつない晴天に恵まれた。今日、日本はドイツ大会の初戦となるオーストラリア戦を迎える。試合会場のある街は、カイザースラウテルン。私が宿泊してい..
Weblog: ワールドカップブログ
Tracked: 2006-06-14 01:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。